”実りの秋”

先日、アジアソサエティーで行われたお茶会のお菓子を作らせて頂きました。
文化庁の文化交流使としてNYに滞在中の武者小路千家の次期家元、千 宗屋さんからのご依頼です。

まずお茶菓子としての基本的な条件を伺い、抹茶の風味を妨げないようバター、生クリームを極力避けるなどの注文を受けてアイデアをいくつか出し合った後、まず試食会。

d0149018_11385542.jpg


その中から丸い満月のようにカボチャペーストを絞り込んだお菓子に決定。これならお茶にも合うと気に入って頂けたようです。
土台にはイタリアンスタイルの素朴なマカロン、ペーストはホクホクの日本カボチャ。自然な甘みが強く、粘りがあるのできれいなペーストになりました。
トップにはカボチャの種をローストしたものを飾ります。

d0149018_1151398.jpg


さあ出来上がり。名前は”実りの秋”と名付けて頂きました。
あとはお客様に食べて頂くのを待つばかり(ドキドキ…)。
初めてのお茶会用の菓子なので緊張しましたが、お客様にも喜んで頂けたようで安心しました。
[PR]
by mynykitchen | 2008-10-12 12:08


美味しいもの、楽しいもの


by mynykitchen

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

お問い合わせやご意見はこちらへ

フォロー中のブログ

最新のコメント

検索

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧