3月のメニュー

チキンブレストのグリルのサラダ仕立て
たっぷりのハーブでマリネしたチキンは柔らかく仕上がります。
チキンの捌き方を覚えると便利ですね。
少し苦味のあるベイビーアルグラ(ルッコラ)とローストして甘みを引き出したグレープトマト、シェイブしたパルメジャーノ・レッジャーノと。
d0149018_1029210.jpg


ズッキーニのリゾット
ズッキーニは最初に焼き色をつけると旨みが出ます。
d0149018_1218827.jpg


フロランタンのミルフィーユ風、ミックスベリー添え、フロランタンクッキー
フロランタンクッキーはシートで焼くので切り分けるだけ。
日持ちもするのでちょっとしたプレゼントに最適です。
d0149018_1029464.jpgd0149018_10301710.jpg
[PR]
# by mynykitchen | 2008-03-20 12:29

使いやすい道具

d0149018_1251348.jpg


料理の時はいつも手元に置いている道具たち。

*盛り付けスプーンー少し大振りで先が尖っているほうが特にソースをかけるときに使いやすい。サイドディッシュの盛り付けなどの小回りがよくきく。先月作ったシュガーケージを作る場合、先が尖っていないと上手い具合にキャラメルが流れてくれない。こちらで買ったけど、ステンレスの日本製。

*ガーリックプレスーこれはスイス製ZYLISSのもの。この会社のガーリックプレスを使うと他のは使えないくらい優れもの(無駄なく全部でてくる)。ただしディッシュウォッシャーにかけると変色するので注意。

*ピーラーーウィリアムスソノマや大手のキッチン用品店には必ずある。私はこのタイプが一番使いやすくってお気に入り。何色かあったんだけどなくなって今は緑のみ。

*ぺティナイフーヴィクトリノックスの超安物(5-6ドルだったかな?)。大きさが手になじむのと、スティールで2-3回研ぐとすぐ切れるようになる。値段のわりに登場回数が超多い。何本か常備していて、使ったらディッシュウォッシャーにポイ。(ただし、高級ナイフは手洗いが原則)

*計量カップとスプーンーお菓子作りは秤で計量が基本だけど、アメリカのレシピは殆ど計量カップですね。これはアメリカサイズの1カップ250ml。これは粉類の計量カップで、液体計量カップは微妙に違うので、両方そろえたほうが使いやすい。ちなみに計量スプーンは日米一緒です。
[PR]
# by mynykitchen | 2008-03-18 12:27 | ツール

夕暮れの一杯

今日は釣り師グンジ家さんより鱈のおすそ分けがいただけるということで、天気もいいので外で待ち合わせ。
ま、いつものようにちょっと一杯のつもりが・・・に。

今日行ったところは、夜になるといかがわしそうなタロット占いのおばさんが外に座っていて、その横のドアを開けると「なーんだ、ちゃんとしたバー(レストラン)があるじゃないの!!」っていうややこしい入り口の店です。店名も頭文字を記号のように表記してあるだけ。
いつもはすっごく混んでて入れないんだけど、さすがに今日は5時前。余裕で座れました。
私が今日飲んだのは、ピムスっていうイギリスのお酒のカクテル。名前だけは聞いたことがあったんだけど、飲んだのは初めてです。ミントやレモンジュース、きゅうりのスライス等とシェイカーでちょっと振って、たっぷりの氷とソーダが入ってます。暑い真夏に飲むと美味しそうかな?
このピムス、イギリスでは普通にスーパーで売ってるらしいですね。でその製造法は世界中で6人しか知らないそうです。

ここのカクテル、結構量があります。お腹がたぷたぷになりました。
で、帰るときにダリ風のひげのカウンターのお兄さんが「ありがとうございましたー」って。えっ??何?言うてよ、先にー。
このNY、結構日本語しゃべれる人いるんですよ。アーよかった変なこと話してなくって。
[PR]
# by mynykitchen | 2008-03-16 13:44

フロランタン

来週から始まる3月メニューのひとつ、フロランタン。
d0149018_11531763.jpg


タルト生地を薄く延ばし、ヌガティーン生地を流して焼くとこの通り。
キャラメルの甘さと苦さがマッチした美味しさです。
フルーツピールやカカオニブ(カカオ豆を砕いたもの)などを加えて味のアクセントをつけます。
[PR]
# by mynykitchen | 2008-03-14 12:04 | 今月のメニュー

テーブルも春らしく

サマータイムに変わってから、少しずつ春らしい気候になってきましたよね。
今年はイースターも例年より少し早いようです。
それにあわせて、テーブルのセンターピースも春らしくしてみました。

d0149018_12184325.jpg


正方形の花瓶に入っているのは卵の殻の底に穴をあけ、中身を取り出した後に表面をコーティングして本物の卵のように加工したもの。(だそうです。お店のお兄さんが説明してくれましたが、本当の卵の殻かは???)
この花瓶は、ウチのテーブルでは大活躍です。秋には木の実を入れたり、クリスマスにはツリーオーナメントで飾ったり。もちろん普段は花が入ってます。食事中にも邪魔にならないように、花を飾っても高すぎず低すぎず、目線をさえぎりません。
この出ずっぱりの花瓶に新しく仲間入りしたのが、横のバラが入ってる細長花瓶。こちらもイースターらしく、パステルカラーの花を。
こういう小ぶりで、どんな花にでも合う花瓶ってなかなか見つからないんですよね。



d0149018_12384821.jpg


窓際にはヒヤシンスを。
香りが強いのでテーブルには向きませんが、満開になると家中がいい香りになります。
[PR]
# by mynykitchen | 2008-03-13 12:34

メープルバター

d0149018_9125554.jpg


先日カナダにスキーに行った時に、買ってきたもの。
カナダと言えばメープルシロップですが、アメリカドルが弱くなった今、殆ど値段の差はないので、わざわざ重い物を買って帰るのもバカらしく・・・。とその時目に付いたのがこれ。
お店の試食販売のおじさんは、スパゲッティを折ったものにメープルバターをつけて配っていました。メープルバターを舐めた後の生スパゲッティって・・・。どうするのかな?へんてこなアイデアですよね。ま、安いし、環境にも優しいんだろうね。

さて、このメープルバター、バターといっても乳製品は入っていません。いつもの癖で原材料を探しても、どこにも記載なし。ただピュアメープルシロップとしか書かれていません。
てっきりバターを混ぜてると思ったんだけどねー。
調べると、メープルシロップを112度まで煮詰めたものをかき混ぜながら冷ましたものだそうです。そういえば、グリーンマーケットなどで売ってるアップルバターもバターは入ってませんよね。りんごを煮詰めただけ。
メープルクリームやメープルスプレッドとも言うそうです。日本でも売ってるんですよね。全然知りませんでしたー。

週末、フレンチトーストに塗って食べたら、なかなか美味しい。やさしい甘さで結構いいかも。
[PR]
# by mynykitchen | 2008-03-12 09:31

サラダのトモ

うちはサラダを良く食べます。
普段はバルサミコ酢、マスタード、塩コショウ、オリーブオイルでささっとヴィネグレットを作りますが、酢やマスタード、オイルの種類を変えるとバリエーションが広がります。

たとえば、下の左はパッションフルーツビネガー。魚料理などの時、口の中をさっぱりさせたい時は、このお酢を使ったサラダがぴったり。
このブランドからは他にトマトやフィグのお酢も出ているようです。

右はヴィンコット。これは赤ぶどうの搾り汁を煮詰めて、樽で熟成させたもの。甘いので、砂糖が無かった時代にはソース代わりに使われていたようです。
そのままアイスクリームやケーキにかけて食べたりもするようですね。
うちでは料理やヴィネグレットにちょっと甘みを加えたいときに使ったりしています。
またグリルした野菜や、魚、肉にも合いますよ。

d0149018_046910.jpg

[PR]
# by mynykitchen | 2008-03-11 01:01

カナダでスキー。その③

車で10分ほどで街のメインストリートに出ます。
田舎の街らしく、メインストリート上に市役所、教会、消防署といくつかのお店が並んでいます。
数年前にできたらしい、小さい街には不釣合いな大きいスーパーで殆どの買い物はすみます。
スーパーの中にオーブンが何台もあるベーカリーがあって、パンもなかなか美味しい。

でも、チーズは必ずこのお店で。
d0149018_12184410.jpg

私たちが買い物に行く時間には、パンは殆ど残っていないんだけど、朝早く行くとなかなかの品揃えらしい。
チーズはアメリカでは買えない、無殺菌ミルクを使ったケベック地方のチーズが各種そろっています。

d0149018_12193235.jpg

デーツ、フィグ、アーモンドなどを固めたものをスライスして、

d0149018_12195322.jpg

ケベック特産のローミルクの軽めのブルーチーズを載せて食べたら・・・。まろやかで止められない美味しさ。このチーズは黴の入り方も美しい。

d0149018_12205022.jpg

暖炉の前で寛いでいると、外はいつの間にか雪になっていました。
[PR]
# by mynykitchen | 2008-02-27 12:44

カナダでスキー。その②

子供が喜びそうな森の中のなだらかなコースにはこんな可愛い家がありました。
d0149018_1231975.jpg


d0149018_1235744.jpg

レッスン中のうちの息子。リフトを降りたところで私を見つけて妙に歯を見せていると思ったら、リフトの上で歯がポロっと抜けたそう。運良く横に乗っていたインストラクターのお兄さんが歯を受け止めてくれたそうです。「お母さんですか?この歯が抜けましたよ。」って渡されたときはびっくりしました。

d0149018_1244114.jpg

この日は樹氷もきれいでした。

d0149018_125890.jpg

息子の参加していたスキーキャンプの最終日はレースがありました。
去年は2位だったので、今年は頑張って1位になりましたよ。
練習した甲斐があったね!!
[PR]
# by mynykitchen | 2008-02-27 12:17

カナダでスキー。その①

カナダにスキーに行っていました。
カナダと言ってもヴァーモント州から15分ほど入ったところで、ウチから車で7時間半ほどで着きました。

ここに来るのは今回で3回目。
前回と同じく、ゲレンデ真横のコンドを借りました。リフトまで徒歩5分と便利なだけでなく、暖炉、キッチン、洗濯機、等に加えてワインフリッジ付き。ワインを持って行くためなら車の運転も厭わないウチのダンナなのです。
d0149018_1182382.jpg

この上2階部分がウチの借りてたコンド。
d0149018_11152155.jpg

なかなか快適です。

d0149018_11165617.jpg

人気のリゾート地ではないので、平日は結構すいています。どちらかというと地元の人たちがちょっとすべりに来るって感じかな。ニューイングランド地方の人がこのあたりに結構家を持っていて、”親の代からスキーはここで”って言う人も多いらしい。
d0149018_11225614.jpg


海抜840mのロッジでは暖炉を囲んであったまります。
ここでプティーンなるものを食べるのが、なかなか美味しいのです。これはケベック地方の食べ物でフレンチフライの上にチーズカード(熟成させていないチーズ)をのせ、さらにあつーいグレービーをかけたもの。ダイエット中の人にはとんでもない代物だけど、寒い時にはあったまります。ま、カロリー考えると怖いですけどね。
この山の上のロッジはキッチンが2時半には閉まってしまうので、今回は食べるチャンスを逃してしまいました。よって写真はありませんが、イーストビレッジのフレンチフライ専門店にはプティーンがあったと思います。興味のある方は挑戦してみてください。ただしむちゃくちゃ寒い時に食べないと美味しくありません。
d0149018_11391186.jpg

連日マイナス15度で、山の上で風邪が吹くとさすがに吐いた息も凍ります。
[PR]
# by mynykitchen | 2008-02-27 11:45


美味しいもの、楽しいもの


by mynykitchen

プロフィールを見る
画像一覧

お問い合わせやご意見はこちらへ

フォロー中のブログ

最新のコメント

検索

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧