<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

春のメニューのご案内

5月の春のメニューはこんな感じで行こうと思っています。

d0149018_3213237.jpg

カリッと焼いたブランジーニとハリッサソース。
ブランジーニは地中海でよく食べられる白身の魚ですが、脂が乗っていて日本人の口に合います。ソースは南アフリカ生まれのハリッサというピュレ状のスパイスをベースにトマトをあわせたソース。南フランスの家庭料理にもよく登場します。

写真はありませんが、春野菜のリゾットもメニューに加わる予定です。

d0149018_3195270.jpg


春になると店頭でよく見かける蕗のような赤いもの。こちらでは苺と合わせてパイ等にするのが一般的です。日本でもルバーブのジャム等も見かけるようになりました。
ルバーブのコンポートを作ってアイスクリームサンデーにします。

d0149018_3202447.jpg


お持ち帰り用にマドレーヌ。おへそのぷっくり出た可愛いマドレーヌです。

こちらの案内は4/30(土)の午後9時に送信しますので、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by mynykitchen | 2011-04-29 03:31 | 今月のメニュー

可愛い!へその緒ボックス

アメリカで出産された方、赤ちゃんのへその緒ってどうしてますか?
こちらではそのまま捨てられる場合が多いのですが、運良く取っておいたとしても専用の箱もなくって、折角大事に保存しておきたいのに、引き出しの奥にそのまま眠っている場合もありますよね。(ウチが全くそうでした!)
今回、日本のアーティストの方が素敵なへその緒ボックスをNYで展示販売していらっしゃいます。その収益金は全て東日本大震災の救済の為に寄付されます。

数も残り少なくなって来ているようなので、どうぞお早めにお問い合わせ下さい。

以下、へその緒ボックスとそのアーティストの葉栄司さんのご紹介です。


d0149018_2512659.jpg


日本では桐の箱に入れて大切に保存している”へその緒“。ここアメリカでは、へその緒を保存しておくという習慣はなく、医院や担当の医師により、その扱いは様々なようです。こちらにお住まいの日本人のお母様方に伺ったところ、「えっ、へその緒なんてとってないわ」という方と、日本医師または日本の習慣を知っている医師のもとでお産をした方からは、とりあえずビニール袋に入れてしまってある」、という答えが多く聞かれました。

今回、CRS(123 4th Ave. 2nd floor)でアクリル画の作品を展示中の葉栄司氏が、彼の作品である天使の絵が描かれた桐の「へその緒箱」をニューヨークに届けてくださいました。
赤ちゃんの大切なへその緒を、出産の思い出とともにこんな可愛い箱にしまいませんか?
ご自身の赤ちゃんに、また出産を控えたお友達へのお祝いにいかがでしょう。
桐の箱は葉氏のご家族による手染め・手作りの袋に入っており、健やかな成長を願う気持ちが込められています。

天使の絵にはさまざまなパターンがありますが、どんな天使が訪れてくれるかは開けてみてのお楽しみ。価格は35ドル、個数に限りがありますのでご興味のある方は、ぜひCRSにお越しいただくか、電話(212-677-8621)でお問い合わせ下さい。
www.eijiji.comにて葉 栄司氏の経歴、作品などご覧になれます。
[PR]
by mynykitchen | 2011-04-28 02:59 | お知らせ

追加料理教室

追加でご案内した4/14(木)の”韓国料理教室”は定員になりましたのでお知らせ致します。
ありがとうございました。
[PR]
by mynykitchen | 2011-04-11 10:30 | 今月のメニュー


美味しいもの、楽しいもの


by mynykitchen

プロフィールを見る
画像一覧

お問い合わせやご意見はこちらへ

フォロー中のブログ

最新のコメント

検索

外部リンク

ファン

ブログジャンル