<   2010年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

今日の簡単ごはん

今日はどうしても料理をしたくない!って時ありますよね。
でも食べに行くのもデリバリーもあんまり…って時は、お気に入りの半調理品があると、とっても便利です。
私は昨日がまさにその気分で、夕飯は”超簡単ごはん”。
d0149018_4513135.jpg


調理時間は10分!です。

まずは近所の生パスタの店Rafetto'sでパスタとソースを調達。
ま、この時に作り置きのソースなんかがあると良いのですが、ここのソースは結構美味しいので、ペストも一緒に買っちゃいましょう。
生パスタだと茹で時間も短時間ですよね。
ここはホールセールもやっているので安くって美味しいと評判です。わざわざ遠くから買いにくる方もいるほど。好きなフレーバーのパスタを好きな幅にその場で切ってくれます。ラビオリもおススメです。

パスタのお湯を湧かしている間に、これまた近所の魚屋のlobster placeで買って来たクラブケーキを焼きます。もちろんタネから作ると安くできるのは百も承知ですが…。1パウンドのクラブミートでいくつ作れるか分かってると、ほんとバカバカしい値段ですが…。今日は料理したくないんです!!ってことで、形を整えてワンドラフラワーをはたき、フライパンで両面こんがりと焼きましょう。

サラダ好きのダンナのためにサラダミックスは常備しているので、ヴィネグレットを手早く作ります。

そうこうしてる間にパスタにソースを絡めて、簡単ワンプレートディナーの出来上がり。
[PR]
by mynykitchen | 2010-01-22 05:17 | 食材

今月はこんなメニューです。

今日は新メニューの初日でしたが、こんな感じです。

d0149018_1031822.jpg


ブラッドオレンジミモサの色とテーブルの花の色がマッチしましたね。

d0149018_1005262.jpg


ガトーショコラはホィップクリームとラズベリーソースで。

サンクスギビング、クリスマス、お正月とずーっと料理していた方が多いですよね。私もその一人ですが…。なので今回はかな〜り簡単な料理ばかりです。
今回のメニューはいかに短時間でできるか、が勝負どころです。
[PR]
by mynykitchen | 2010-01-21 10:05 | 今月のメニュー

1〜2月のメニュー

1〜2月のメニューはこんな感じです。

d0149018_12102145.jpg


ブラックコッドのオレンジ醤油マリネ。
フェンネルと白インゲン豆。

d0149018_12104549.jpg


サフランリゾット

d0149018_121142.jpg


ガトーショコラ

それから旬のブラッドオレンジを使ったミモサをアペリティフとして。
[PR]
by mynykitchen | 2010-01-19 12:15 | 今月のメニュー

2月の予定のお知らせ

現在ご案内中のクラスは2/11(木)までとなっています。
その後の2月の3週目はお休みさせて頂きます。(またまた子供の学校がお休みに入るため。)
再開は2/23辺りを予定していますが、新しいメニューと日程のご案内は2月の上旬になる予定ですので、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by mynykitchen | 2010-01-19 11:11 | 今月のメニュー

チェルシーマーケットへ散歩

昨日からの雨も昼前には止み晴れ間が覗いて来たので、散歩がてらチェルシーマーケットまで。
久しぶりに来たのですが、お店が増えてましたね。

d0149018_10582197.jpg

そのうちの一つのナッツ屋さん。

d0149018_10584127.jpg


ナッツ、スパイス、ドライフルーツなど。おやつにはピッタリですね。
欲を言うならナッツの種類をもう少し増やしてもらえると、ありがたいです。
[PR]
by mynykitchen | 2010-01-19 11:03 | 楽しみ

紅茶

最近、デザートと一緒に出しているお茶が変わりました。
今お出ししているのは、Harney & Sonsの紅茶。
それまではフォートナム&メイソンのアールグレーを使っていたのですが、去年の夏にネット販売もアメリカから撤退したらしく、なかなか手に入らなくなったのです。
紅茶人口の少ないアメリカでは、なかなか手頃な値段の美味しい紅茶がありません。
試行錯誤で代わりの紅茶を探していたのですが、こちらの紅茶に今のところ落ち着いています。
ウィリアム・ソノマやシタレラでも売っていますが缶が要らなければ、ネット販売の1パウンドバッグがお奨めです。
こちらのEarl Grey Supremeは1パウンドで24ドル。フォートナム&メイソンに比べると香りが少々弱いですが、茶葉も少し大きめなので、抽出時間を少し長くすると良いようです。
フレーバーティーや花が咲く紅茶などもいろいろと種類があるので、お土産にも良いかもしれませんね。
[PR]
by mynykitchen | 2010-01-13 13:05 | 食材

サフランリゾット

次回のメニューの一つ、サフランリゾット。
サフランはクロッカスの仲間の植物のめしべの部分を乾燥させたものです。

d0149018_8271445.jpg


今回は細かく粉砕して使うと、きれいな色のリゾットに仕上がりました。


d0149018_7541267.jpg


サフランは湿気が厳禁です。きちんと密封しておくと2年ほどもつそうですよ。
粉状のものは他のスパイスが混ざっている場合があるのでご注意を。
[PR]
by mynykitchen | 2010-01-12 07:57 | 今月のメニュー

たこ焼きな夜

寒い日が続きますね〜。
家族揃ってゆっくり食事が出来る週末は、鍋が一番!って料理するのが面倒なだけですが。
昨晩は子供のリクエストに応えて、たこ焼き&お好み焼きでした。

d0149018_533746.jpg


大阪人は”必ずたこ焼き機が家にある”という通説に違えず、うちにも2台あります。
小道具の千枚通し数本とコテセットも。この小道具は”大阪で生まれた女”のBOROさんからのプレゼント。実はずいぶ〜んと前にBOROさんがお仕事で来米されたとき、ふとしたきっかけでウチの”お好み焼き&たこ焼きパーティ”に来てくださいました。そのとき小道具が揃ってないのを見かねて、後からわざわざ送ってくださったんですよ。(今考えると、きちんとお礼もしてないかも?)
あの時はたこ焼きを食べながら、生演奏で”大阪で生まれた女”を聞くという、大阪人にとっては夢のような(?)出来事でした。

さて、たこ焼きにマヨネーズをかけるって言うのは、大阪はミナミのたこ焼きや”甲賀流”が発祥の店らしいですね。ここは学生時代バイト先の近所だったので、小腹が空いたらよく通ったものです。

小さい頃に駄菓子屋の店先でおばあちゃんが焼いていたたこ焼きも懐かしいし、学校の校門脇なんかにも小さなたこ焼き屋がよくあったんですよ。

心斎橋の三津寺筋の”味穂も”深夜にお世話になりました。ウチのダンナは私よりたこ焼きを返すのが上手なんですが、夜な夜なここに連れて行ったので、門前の小僧状態で焼き方を覚えたようです。

さて一方、お好み焼きはウチの父のが一番美味しいのですが、実家近くで食べに行くなら”美佳味”。今でも地元の人気店です。

学生時代によく行ったのは、谷町の空堀商店街の”富紗屋”。当時は家族でこじんまりやっているお好み焼き屋で、そこの息子さんが”アフターアワーズ”っていう小さなバーをその隣に出していたのが縁で、よく通ってました。激辛焼きそば等を好みに応じて作ってくれてたのが懐かしい。渡米後数年して行ったら何やらマスコミ関係の人がよく来る有名店になったようで、そのままご無沙汰してます。

去年の夏は友人の義理姉夫婦の方がやってらっしゃる、西宮浜の樹々亭へ。近所の方の憩いの場のような店内で、ふんわりしたお好み焼きが美味しかった〜。

たこ焼きやお好み焼きを食べながら、懐かしく大阪を思い出した夜でした。
[PR]
by mynykitchen | 2010-01-11 05:47 | 楽しみ

甘エビの季節

d0149018_3401894.jpg


そろそろ店頭に甘エビが並び始めましたね。
今朝シタレラに行ったら丁度おじさんが氷の上に出しているところだったので、早速買いました。

今晩は和食ではないので、ちょっとアレンジして。
ウチの冷蔵庫に常備している”バルサミコ醤油”で和えてみました。
ブラジルの”pimenta de cheiro"を添えて。これ、チェリーペッパーとでも言うんでしょうか?そんなに辛くなくって、とっても美味しいんですが、NYで売っているところが見つかりません。
去年行ったブラジルでは、いろんな料理にこのような多種多彩な小さなペッパーが付いていてとっても気に入ったんですが、どなたか売っているところご存知でしたら教えてください。
そういえば、先日グラマシータバーンに行った時も、このようなペッパーが良いアクセントになったカルパッチョを頂きました。そこではピメント・ドルチェって言っていたような?

ハーフパウンドで4ドル程。少しつまむには丁度良いです。
日本では甘エビですが、こちらではメインシュリンプとして2月上旬くらいまで出ています。
[PR]
by mynykitchen | 2010-01-10 03:54 | 食材

ガレット・デ・ロワ

新年に食べるお菓子、ガレット・デ・ロワを食べたい、という友人のために久々に作ってみました。

このガレット・デ・ロワは1月6日の公現祭に食べるお菓子で、中に一つだけフェーブと呼ばれる陶製の人形などが入っています。これが当たった人は幸運が1年続くと言われているそうです。

d0149018_155099.jpg


パフペイストリー(織り込みパイ)の上にアーモンドクリームをのせて、フェーブを忍び込ませます。
このフェーブは空豆(ファバビーン)が語源らしいですが、その言葉の通り昔は一粒の空豆が入っていたそうです。今はこのような陶器製の物が一般的。
これは数年前に日本のクオカという製菓材料や道具を扱う会社から取り寄せた物です。探してみたんですが、アメリカ国内では売っているところが見つかりませんでした。もしどなたかご存知でしたらご一報ください。

d0149018_1551893.jpg


出来上がりはこんな感じ。模様は月桂樹、クローバー、太陽、ひまわり、麦のいづれか、という決まりがあるようです。
私はいつも花形。中に模様も入っていたのですが…。焼いて行く途中で見えなくなってしまいましたが、きれいな黄金色に焼き上がりました。
本来は金色の冠を載せて飾り付け、フェーブが当たった人がその冠をかぶって、その日は王様(女王様)気分を味わってもらうようになっています。
[PR]
by mynykitchen | 2010-01-09 02:15 | お菓子


美味しいもの、楽しいもの


by mynykitchen

プロフィールを見る
画像一覧

お問い合わせやご意見はこちらへ

フォロー中のブログ

最新のコメント

検索

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧