カテゴリ:その他( 19 )

熊本地震ーこんな簡単な寄付の方法があります

今回の熊本県での地震には、皆さん驚かれたことでしょう。
まずは、亡くなられた方々へのお悔やみと、被災された方々へのお見舞いを申し上げます。

私の母方の実家が佐賀県の唐津で、佐賀市にも親戚がおりますので、心配しています。
いまでも余震(というには大きすぎますが)が続いていて、眠れない日々を過ごしている方々の事を思うと、心が痛みます。
一日も早い復興を心よりお祈りします。
今回、寄付先を検索していましたら、こんな情報が出てきました。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、もし期限が迫っているけど半端で使えないというマイルがありましたら、無駄にせず有効に活用できる方法だと思います。(私もそういうマイルがありますので)

以下、JALとANAのマイルの寄付についてのサイトです。下のそれぞれ寄付先をクリックするとサイトに行きます。

日本航空マイル寄付
全日空マイル寄付

この寄付についての税金対策の領収書は出ないようですが、もし無駄になってしまうマイルがあれば、有効な方法だと思います。(どちらの航空会社も5/31まで受付です)

その他、ヤフーのTポイントの寄付ができるという情報も頂きました。
ヤフー基金
[PR]
by mynykitchen | 2016-04-17 21:58 | その他

ネパール支援のこと

先月末に起きたネパールの大地震。
ニュースを見る度に胸が張り裂ける思いです。
私にできる事は寄付を送る事くらいしかできないのですが、さて、どこに送ったらいいのか?
大きな団体では、ほんの一部しか被災者に行き渡らないと散々ニュースで聞いていたので、もっと地道な活動をしている団体に送りたいと考えていたところ、友人がブログにいくつかの支援先を載せてくれていました。

藤田理麻さんのブログはこちら


彼女はアーティストであり、絵本作家であり、そして、もう長い間チベット支援活動をしています。
つい先日もインドにある、チベットの障害児の孤児院を訪問していたところでした。
彼女が紹介している2つ目の団体のマチューさんのお寺のお坊さん達は、奥地の村まで食料等の支援物資を運んでいるそうですよ。

寄付はお小遣い程度でも全然大丈夫です。国境なき医師団では、クレジットカードのポイント等を通じて寄付するプログラムもあるようです。
きっと金額以上の、復興を祈る気持が届くと思います。
[PR]
by mynykitchen | 2015-05-05 13:04 | その他

お知らせなど

先週で6月の教室が終了しました。
ショートリブのスライスは、教室では1センチ強のものを使用しましたが、この厚さだとマリネの時間は12〜14時間。もう少し薄いお肉(例えば7ミリ程度)だと6〜7時間で十分です。
漬け時間が長すぎると、酵素の力でお肉を分解してしまうので注意して下さいね。
鶏もも肉で同じマリネ液を使ってみましたが、そちらですと4時間程度で十分でした。

7月の教室はお休みです。
8月より再開する予定ですので、どうぞよろしくお願いします。

では皆さんも良い夏を!
[PR]
by mynykitchen | 2013-06-27 13:27 | その他

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
2012年が皆様にとって、実りの多い、幸せな一年になりますことを心よりお祈りしています。

さてクリスマスからコロラドへスキー旅行へ行っていたのですが、ウチの息子、スキージャンプの着地に失敗して救急病院に運ばれまして、その後のスキーキャンプはドクターストップ。
予定を変更して1日早くNYへ帰ってまいりました。
骨を折ったりした訳ではなく、その後の検査では幸い異常も見つからなかったので、一安心です。

さて一日早くNYへ帰って来たおかげで、大晦日には年越し蕎麦を食べながら紅白歌合戦を観て、お正月には(超手抜きですが)お節らしき物を用意することが出来ました。

d0149018_10113094.jpg


やはり日本人。お節を食べないと新年を迎えた気がしないいんですよね。
[PR]
by mynykitchen | 2012-01-03 10:03 | その他

ジャックトレスチョコレートの10周年パーティ

クリスマス前のある日、あるパーティに行ってきました。
元ボスのジャックトレスチョコレートの10周年記念。
この日は生憎の相当ヘビーな二日酔いだったので、撮った写真はどれもヒドい出来。
この方がきれいな写真を撮ってらしたので、こちらを訪問して下さい。

さて、JTCも10年になるのですね〜。
産まれたばかりのウチの息子を連れてブルックリン店にお邪魔したのが、ついこの間のようです。
まだ工事中の店内で、自分たちでペンキを塗ったり、カウンターを作ったり。
大工さんだったジャックのお父さんの影響か、玄人はだしの腕前でした。懐かしいですね。
今では店舗も増え、従業員も100人以上ですよ〜。

さて、パーティでは美味しい食べ物はジャックがディーンの一人を務める、フレンチカリナリーインスティチュートの生徒さん達によるもの。
ドリンク類はスポンサーのTattingerやAlize、コーヒーのilliyなど、盛りだくさんです。たくさんの企業や人達が寄付を申し出てくれたそうです。さすがの人脈ですね。

懐かしい人にもたくさん再会出来ました。
ル・サークのオーナーの次男坊のマルコは、今は本店を任されているそう。相変わらずの男前です。
FCIのディーンの一人、アンドレ・ソルトナーさんは、いまは無き名店ルテスのシェフ&オーナーだった方。
FCIの私の先生だった、シェフ・マークも相変わらず優しそう。
皆さん全然変わってません。私だけ二日酔いのげっそりした顔ですよ。

店内はおいしい食べ物と飲み物と楽しい人達で溢れ、とっても楽しい時間を過ごさせて頂きました。
益々の繁栄をお祈りしています!!
[PR]
by mynykitchen | 2010-12-31 09:31 | その他

暑い…

6月も、もう終わりですね。
なんだかんだでバタバタしており、ブログの方は放置状態でした。

明後日から日本なので、メールの返信も(さらに)遅くなると思いますのでご了承下さい。
8月後半のスケジュールは、こちらに帰って来てから(7月末)のお知らせになります。

さて先週の6月最後のクラスが終わり、この週末は日本へ行く準備をしようと思っていたら、エアコンが故障しました…。暑いです。

息子の学校も、春からテストが続いており6月初旬の科学のテストが終わったと思ったら、後は夏休み突入ムード。ほぼ毎週のようにイベント目白押しでした。
先週の金曜日も教室でパジャマパーティ(って学校にパジャマで行って、映画見てるんです)の後、仲良しのお友達のうちで更にプレイデート。その後息子を連れて帰って来たらエアコンが止まってるんです…。サイアク…。

週末は留守番する夫の晩ご飯の作り置きをして、冷凍庫にストックしておこうと思ったのに…。
来週誕生日の夫のために、早いお祝いディナーをしようと思っていたのに…。

この暑さの中では料理する気ゼロです。

昨日は応急処置の人が来てくれましたが、修理出来ず。今日は電気技師の人が来てくれることになってますが、どうなることやら。

さあ、この暑い中で荷物の準備です。
大阪はかなり暑いので、その予行演習と思いましょう!
[PR]
by mynykitchen | 2010-06-27 21:54 | その他

サイドウォーク・アート

d0149018_4302889.jpg


先日、息子の学校へ行く途中で見かけた”サイドウォーク・アート”。
こんな風に顔が100面以上。
笑ってたり、怒ってたり、泣いてたり。
夜中に一生懸命描いたんでしょうか?
人に踏まれて薄くなり、雨が振ったら消えてなくなるのに…。
[PR]
by mynykitchen | 2010-05-26 04:29 | その他

紫陽花ーその2

早速紫陽花の水揚げと応急処置の仕方を教えて頂きました〜。
今度はこの方法を試してみます。
Sさん、ありがとうございました。

**********

アジサイは水揚げが悪いお花では有名です。

もし、だらんとしたら、
必ず、水切と茎を十字に割るのは
必須です。

それか、茎を斜めに切って
なるべく切り口を大きく。

中の芯(ちょっとふかふかしている部分)を
こさいで落としましょう。

そのきり方をして
紙に包んで(花屋さんが買ったときにしてくれるみたいに)
深い水に入れてみてください。
大体はそれで元気になるのですが。
(紙は水に浸かって、水を吸ってきますが、
そのまま放っておいてください。)

お試しください。
[PR]
by mynykitchen | 2010-05-20 04:44 | その他

あじさい

毎週食卓にはお花を飾っています。
近所のグロッサリーの店頭でいつも買ってます。
d0149018_11145238.jpg


ですが、昨日から近所のグロッサリーの花がないんです。
普段は持ちが良いのでバラを買いますが、それはほぼ無し。
この時期に多いチューリップも全滅。
どうしたんでしょうね?ヨーロッパの火山の影響?
お店のお兄さんも商売にならず、困ってました。

芍薬は店頭でなるべく蕾のを買ってもあっという間に開ききって3日と持ちません。
昨日はあじさいを買って来たのですが、翌日にはほぼ全部お辞儀をしてしまいました。
長持ちさせる方法って何でしょうね?
[PR]
by mynykitchen | 2010-05-19 11:36 | その他

料理バトン

お料理バトンなるものがウチに回ってきました。
まわしてくれた方は pomponetteさん。私の元ボス、ジャック・トレスの店に遊びに行っていた時に、丁度仕事中の彼女と知り合いました。仕事熱心ながんばり屋さんです。

以下、結構長くなってしまいますが…。以前は簡単な経歴を教室に来て下さる方に自己紹介の意味でお渡ししていたのですが、昔の経歴なのでだんだんお渡しするのも恥ずかしくなって来てやめました。なので丁度良い機会かな?と思います。興味の無い方はすっ飛ばして下さいね。

①お料理を始めたのはいつ?

ニューヨークに来てからです。
20年ほど前の話ですが、毎日外食する余裕はなく必然的に。
日本にいた頃は殆ど料理はしませんでした(と言うより出来ませんでした)。
先日教室内で話題になったんだけど、人生初のお菓子作りはおもちゃの『ママクッキー』でのクッキー作り。超まずかったです。ママクッキーっていうと年がバレバレですが、知らない人は検索して下さい。

②お料理を始めたきっかけは?

ニューヨークに来て間もない頃から、夫の親友のピーターの家へ毎週末夕飯を食べに行っていました。
彼は若い頃ははミュージシャン&UCLAの教授、その後ウォール街で会社を起こした変わった経歴の持ち主で、超変わった&おもしろい人なんです。彼は料理も上手で、その手伝いをしているうちにだんだん料理の楽しさに目覚めました。その頃は英語がそれほど上手ではなかったので(今もですが)、コミュニケーション手段で料理を手伝ったり眺めていたりしたのが、すごく面白くなって来たんです。そこには週末毎にいろんな人が集まって来ていました。
私はその頃日系の会社で働いていましたが、次第に料理の世界に行きたいという願望が高まって、会社の就業時間後に料理学校に通うようになりました。
そこで良い先生に巡り会い、卒業後の就職先のレストランも探さずに呑気にしている私を見かねて「ル・サークのジャック・トレスさんのところで見習いをやってみたら?」と電話番号を渡されました。
それがきっかけでル・サークでの見習い期間後、運良くスポットが空いて就職させて頂いたってワケです。


③お料理をしていて良かったことは?

美味しいものを食べておいしいお酒を飲んでいるときが一番幸せなんで、その点は満たされてますね。

でも料理をしていて良かったと思う一番の点は、人との出会いです。(これは料理に限ったことではないので人それぞれの違った方法があると思いますが、”私の場合”の話ですね。)
私のボスだったジャック・トレス然り。今はジャックのパートナーとしてチョコレートの会社を切り盛りしている後藤さん然り。 この二人は本当に私の師匠であり先輩であり、そしてかけがえの人達で、料理の世界に入っていなかったら出会えなかった人達です。
私にとって、ル・サークで働いた数年は本当に貴重な経験でした。
始めはペイストリー専門の知識が無いにも関わらずポジションを与えてもらって、殆ど一から教えてもらいました。毎日「これはどうして?何で?」と質問ばかりしていたように思います。
その後スーシェフのポジションをもらうことになったときには、「私では無理です」と一度辞退したものの、「絶対に大丈夫。君を信じているから」と言ってくれてレストランのマネージメントの説得もしてくれました。その頃のレストラン業界は封建的で、女性で上のポジションに抜擢される人は居ず才能のある女性が辞めて行くのを見てましたから、その言葉は本当に嬉しかったですね。期待を裏切らないように本当に必死で仕事をしました。
今は何人くらいいるんだろ?あの頃は景気も良かったからだろうけど、昼夜合わせてクックだけで100人近くいたし、予約も週末は500人近く。おまけにバンケットも殆ど毎日いくつか入ってたから、かなり忙しい店だったと思います。
その中で、仕事のことはもちろん、いろんなことを学んだと思っています。
d0149018_1112173.jpg

初公開!昔の写真!


そして今。
こうやって料理教室をしていると、いろんな人と知り合えるのが一番楽しいですね。
ウチに来てくれる方の殆どは一人で参加してくれるんですが、 本当に食べることや料理が好きって人ばかりです。初めて出会った人達が食べ物の話になると盛り上がれるのは楽しいですね。
私は結構人見知りをするのですが、いろんな人達と知り合えて楽しく過ごさせてもらっています。まさに一期一会だと思います。

ここから先はちょっと関係ない話ですが。
前述の私が働いていたレストランレストランは毎晩セレブが来るのでも有名だったので、本当にたくさんの有名人を見ました。中でも思い出深いのは、ビル&ヒラリー・クリントンとジュリア・チャイルド。
クリントン夫妻は、ビル・クリントンが大統領時代に民主党大会のパーティが貸し切りで開かれ、そうそうたるメンバーが集まっていました。パーティ前にホワイトハウスのシークレットサービスが来てキッチン内をくまなくチェックされ、携帯やカメラは禁止というテレビで見るような厳戒態勢。その中でクリントンさん夫妻と写真をとってもらったのは(もちろんホワイトハウスのフォトグラファーに)、今でも実家で家宝のように飾ってあります。

ジュリア・チャイルドは、ジャックのテレビ番組のアシスタントをしている時に会いました。
とても大きなおばさんで、取り巻きが沢山いたのが印象的。ホントにヌボーっていう言葉がぴったりなくらい大きかったのです。「あなたたちはジャックの元で仕事が出来て本当にラッキーよ。頑張りなさいね。」と優しく声をかけて頂いて一緒に写真を撮ってもらったのは、私の宝物です。料理界の私のアイドルですからね。

その他、俳優、女優、ミュージシャン、市長、料理番組や雑誌の関係者、スポーツ選手、本当にいろんな人が来ていて、あれはあのレストランならではだったと思います。



④お料理していて悪かったことは?

悪かったことは、どこに行っても結局料理係になってしまうこと。
他の人が作ってくれた料理は、何でも美味しいと思うのですが…。

それから、レシピの試作で同じものを何度も食べざるを得ないこと。これは家族にも犠牲になってもらってます。ウチの子供なんて最初は喜んで食べていたものも回数が重なると「もう食べたくない〜。」って言います。これって好き嫌いのもとになっているかも?と少し罪悪感があります。


⑤自分の腕を思う存分褒めてください。

自分で褒めるって何でしょうね。残り物でも何とか料理するって所でしょうか?

⑥自分は料理に向いていると思う?

頑固なところは料理向きだと思います。

⑦主に何を作ってる?

新しいメニューが始まる前はひたすらそのメニューを作ってます。
その後は次のメニューの試作かな?
普段は料理教室の後、大急ぎで子供を学校に迎えに行って、宿題をさせながら片付けや翌日の下ごしらえ等をしているので、夕飯はなるべく簡単なもの&翌日のお弁当に使い回せるものになってしまいます。

⑧ あなたの料理に欠かせないものは?

よく切れる包丁かな?包丁って料理のスタート地点ですからね。
ある時こちらの人の家で料理をした時にあまりにも包丁が切れないので、お皿の裏で包丁を研いだ時には、かなりびっくりされました。

⑨ずばり、あなたにとって料理とは?

美味しくお酒を飲むために欠かせないもの。もしくは楽しい時間を過ごすためのもの。

⑩次に回すお料理上手さんをどうぞ!

先日知人の紹介で知り合った、マクロビ教室を主催されているとってもチャーミングな奈津子さん
私にとってマクロビは未知の世界なので興味がありますね。

それから飲み友達のともそさん。ふとしたきっかけで懐かしい共通の友人がいることがわかって急接近。おまけにお酒も大好きと来たら、これは飲み会するしかないでしょう。
先日も二人飲み会で大盛り上がりでした。

ではお二人、よろしくお願いします〜。
 
[PR]
by mynykitchen | 2010-05-06 11:37 | その他


美味しいもの、楽しいもの


by mynykitchen

プロフィールを見る
画像一覧

お問い合わせやご意見はこちらへ

フォロー中のブログ

最新のコメント

検索

外部リンク

ファン

ブログジャンル