京都@夏休みーその③

次は、創業1805年の京醤油処、松野醤油。こちらの醤油は昔ながらの手作りにこだわって作られています。

d0149018_1265741.jpg店構えも重厚で趣がありますね。


d0149018_1285047.jpg店から引き戸を隔てた奥には杉の醤油樽が並んで、いい醤油の香が…。

1年かけて作られた生醤油にさらに麹を加え、約2年かけて作られた刺し身醤油はカドがとれてまろやかと評判です。それと鰹のタタキ用に柚ポン酢、それから金山寺を買って帰ることに。




このあたりは民家の軒先に家で穫れた京野菜などを並べて売っています。この日は36度の真夏日。そうでなかったらゆっくり散歩でもしたいところだったのですが…。

d0149018_12293052.jpg次は七味専門店の長文屋さん。山椒、麻の実、白・黒ごま、芥子、青のり、青しそ、赤唐辛子の七種類の調合や辛さを自分好みに作ってくれます。


d0149018_1230113.jpgその場で丁寧に摺ってもらうと、口に入れたとたん香がさーっと広がって、辛さが後からじわじわとやってきます。量り売りで、お土産用には竹筒や小壷などの入れ物も別売りしています。


d0149018_12303831.jpgその次は車で横を通りかかった時に「ここの豆腐も美味しいよ」と言う妹の言葉に惹かれ、柚豆腐と刺し身湯葉を買うことに。ご近所さんが次々に今晩のお豆腐を買いに来ています。今はなかなかこういう豆腐屋さんもないですよね。
[PR]
by mynykitchen | 2008-08-18 12:50 | 旅行


美味しいもの、楽しいもの


by mynykitchen

プロフィールを見る
画像一覧

お問い合わせやご意見はこちらへ

フォロー中のブログ

最新のコメント

検索

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧