ロックシュリンプリゾット

少し前の話ですが、ウチの夫がちょっとした歯の手術で3日ほどご飯が食べられない日がありました。
変わった生え方をしていた親不知を「手術が嫌だ」と放ったらかしにしていたのですが、とうとう決心をしたよう。術後は縫っているので、2、3日は固形物は食べられません。
さすがに2日経つと「柔らかい固形物が食べたい!」欲求が出て来たようで、ロックシュリンプでリゾットを作りました。
d0149018_11511247.jpg


ロックシュリンプはフロリダ辺りで穫れる甲殻類で、岩のように固い殻で覆われているので、その名がついたそうです。昔はなかなか皮を剥く作業が大変で余り普及しなかったようですが、今は機械で殻を砕いて取るようですね。
味は海老というよりもロブスターに近いと言われています。
ウチの近所の魚屋さんでも剥き身になったものが売られています。

余談ですが、日本では食用というよりも、観賞用として売られているようで驚きました。(熱帯魚?)

それをオリーブオイル、ニンニクで軽くソテーして一度取り出しておきます。
あとはサフランリゾット(ブラックコッドのオレンジ醤油ローストの時に作ったのと同じレシピ)を作って最後に混ぜ合わせるだけ。

久々の固形物に満足したようです。
さらに翌日は「クラストのしっかりしたバゲットを齧りたい〜」と唸っていましたよ。
[PR]
by mynykitchen | 2010-05-02 12:10 | うちごはん


美味しいもの、楽しいもの


by mynykitchen

プロフィールを見る
画像一覧

お問い合わせやご意見はこちらへ

フォロー中のブログ

最新のコメント

検索

外部リンク

ファン

ブログジャンル